燃料電池自動車の仕組み

世界中に存在する自動車の数は膨大なものとなっており、そのほとんどがガソリンによって走行するタイプの自動車です。その中でも現在注目を集めている燃料電池自動車について、今回はその仕組みやメリットなどを解説していきたいと思います。

 
燃料電池車とは、車の中に内蔵された燃料電池に水素と酸素を供給し、化学反応を起こすことによって電気を発生させて、その電気によって走行する車のことを指します。ガソリン車がガソリンスタンドで補給するのと同様に、燃料電池車は水素ステーションと呼ばれる場所で水素を補給する仕組みとなっています。

 
テクスチャー06燃料電池車のメリットはまさにそこにあり、環境に有害な影響を与える物質を排出することがほとんどありません。出てくるのは水蒸気だけなのです。また燃費効率が非常に高く、通常のガソリン車と比較するとおよそ二倍以上のエネルギー変換効率となっています。

 
その他にも燃料電池車は電気によって走行するため、ガソリン車よりも走行時の騒音が低減できます。加えて電気自動車のような長時間の充電の必要もなく、水素を補給することによってそのとき必要な分だけの走行電力を発電できるというメリットもあります。

 
もちろん課題は残されていますが、これらの理由から将来的にはガソリン車に代わる次世代の車として注目されています。

コメントは受け付けていません。