高圧ガス容器

テクスチャー08自動車における、ガソリンや軽油といった石油生成物から製造する燃料は、その資源の枯渇や、排気ガスに含まれる有害物質、また二酸化炭素の発生による地球温暖化など、多くの問題を抱えたものとなっており、その深刻さから、各業界で対策を講じられています。

 
こうした燃料や動力システムの変革が必要で、石油資源以外のエネルギーの効率的な取得を実現するため、様々な試みがなされています。
燃料電池自動車もその中の一つで、燃料として空気中の酸素と、圧縮された水素を使用するのが特徴となっています。
高圧ガス容器ないに蓄積した水素、改質水素と大気中から取り込む酸素を燃料電池内で反応させ、その反応によって電力を発生させます。その電力を用いてモーターを駆動させることで自動車の走行を可能とします。

 
燃料電池自動車は、1960年代から開発が進められており、現在においては、そのエネルギー効率は高い水準にまで達しています。
燃料電池自動車は、電気自動車と同じく、稼働時に有害物質を発生させないことが特徴で、環境汚染に対し、非常に有効なシステムを採用した自動車として注目されています。また、水素を補給して使用するため、電気自動車の用に、充電に長い時間を必要としない事も大きなメリットとされています。

コメントは受け付けていません。