ガソリン

テクスチャー05燃料電池自動車は、搭載している燃料電池から水素と空気中の酸素を化学反応させることにより発電を得て電動機を駆動させる車両を指すのですが、水素のみを反応させる場合には走行時に有害な排気ガスを排出しないという大きな利点を有しております。

 

しかしながらこの仕組みに関してはまだガソリン車と比較してエネルギー効率が良いとは言えず、さらなる技術革新が求められている分野でもあります。

 

実際自動車メーカーの大手でありますトヨタ自動車ではこの技術に磨きをかけ、今夏より本格的に量産を始めて2015年には発売を目指していくこととしており、さらに詳しい内容を記載するならば、当面は1日1台のペースで生産を続け、生産効率を見極めながら今夏に試作車の量産を本格的に開始して、12月には年間1000台の生産体制を構築していく見通しを立てており、この本格的な量産計画は世界初でもあるわけです。

 

この燃料電池自動車が普及していくためには、コスト削減が必要不可欠であり、10年前には1台1億円かかるとされていた価格は、現在1台1000万円をきるところまできており、量産化によってさらに手の届きやすい価格帯まで引き下げることに対して現実味を帯びてきております。

コメントは受け付けていません。