燃料電池自動車とは

燃料電池自動車とは、水素と酸素を反応させることで得られるエネルギーを元にして走る未来型の車です。

 

車に搭載する燃料電池には圧縮された水素を溜めておくことになります。

 

燃料電池内の水素と空気中の酸素が反応した後には水が排出されるだけとなるために、クリーンな自動車になるとして注目を集めています。

 

この自動車が普及していくことによって、空気中の二酸化炭素の排出量を減らすことに繋がり、地球の温暖化を止めることに役立つ可能性があります。

 

このように環境には大きなプラスの効果を生み出すことが期待されている車ですが、従来の技術では実現が難しい状況が存在していました。

 

燃料電池に用いられる水素というのは非常に燃えやすい性質があるため、車が事故などを起こして水素に引火をしてしまうと甚大な被害が出てしまう恐れがありました。

 

そのため、安全な形で水素を保存しておく技術が必要となっていましが、近年では技術が進歩して安全面でクリアになる状況が生まれてきています。

 

その結果として大手の自動車メーカーにおいては、2015年にも市販車を市場に投入する予定となっています。

 

今後は燃料を補給する水素ステーションをどう増やしていくかが課題となってくると思います。